Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ドイツ語を簡単に効率よく学ぶためのブログ
Profile
Mobile
qrcode
Search
ドイツ語学習の契機
ドイツ語の学習を始めるには、中学校で学び始める英語とは違い、なにかその人の自主性が感じられますよね。ドイツ語を話す地域はドイツ連邦共和国だけでなく、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの周辺で使われている言語です。

ドイツ語は英語との類似点は沢山ありますが、実は日本語との類似もかなりあると思わせる部分も多いです。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、格変化で名詞だけでなく形容詞までも変化するところでしょうか、冠詞類+形容詞+名詞類(3つの性)が最大の難関かもしれませんね。

ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語には英語にはない特別な日本語のような感覚があることに気づきます。ドイツ語が日本語に近いと思い当たる点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則がその理由のように思います。

ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は〜しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、ドイツ語の「仕事 Arbeit」 「働く arbeiten」が日本語になったものです。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。



| - | comments(0) |
| 1/506 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex